2016年06月の記事一覧

高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。
まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。

インフォメーション

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
発達障害児との暮らしは、試行錯誤の連続です。
いつも笑顔で楽しく暮らす方法を求めて、いろんなことを試したりしています。
同じ悩みで悩んでいるお母さんたちのお役にたてれば幸いです (^o^)/


***スポンサードリンク***

月別アーカイブ:2016年06月

2016年06月の記事一覧。高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。
No Image

2016-06-27 学校生活〜トモの場合
連日の雨で、公式戦が延期になりました。我が家としては、トモの体調が思わしくなかったので延期してもらって助かったな〜という気持ちです。ですが、もしかして負けたら…

記事を読む

No Image

2016-06-24 学校生活〜トモの場合
小6の発達障害のお子さんがいるご家庭では中学からの進路に迷う時期ですよね。小学校で情緒学級に在籍している人、中学校から情緒学級に変更しようかと思っている人、考…

記事を読む

No Image

2016-06-24 やんちゃな弟、健太の学校生活
10日前くらいから、長男のトモが体調イマイチ。お腹がゆるいのは今始まったことじゃないけど低体温のトモが微熱が1週間以上も続いているのが気になります。ついでをい…

記事を読む

No Image

2016-06-23 学校生活〜トモの場合
今月は、トモにとってはハードすぎる1ヵ月なのではないでしょうか?今月初めは修学旅行。2泊3日の旅行を終えて、翌日からは部活の練習試合。炎天下だったり、どしゃぶ…

記事を読む

No Image

2016-06-03 やんちゃな弟、健太の学校生活
ウチの子たちは、普段あまり本を読みません。学校の読書の時間では、そこそこ本を読んでいるみたいですが家ではタブレットでゲームしたり、音楽聞いたりです。読書が数少…

記事を読む

体調不良なのか、それとも自律神経?精神的な要因?

連日の雨で、公式戦が延期になりました。
我が家としては、トモの体調が思わしくなかったので
延期してもらって助かったな〜という気持ちです。


ですが、
もしかして負けたら引退というこの時期って
体調おもわしくないと判断に迷います。


いつもなら、休ませて休養させる私でも
今回ばかりは
「ちょっとキツイくらいだったら、這ってでもいけ!」
と言ってしまいました。


微熱くらいなのでね、
とにかく練習に顔を出しておかないと
「休んでたから」とかなんとか
言い訳されてメンバーから外されたら
すっきりしないまま、終わってしまうことに
なってしまいますもん。


でも、普段低体温のトモには
37度ちょっとの微熱でも
体の負担はけっこうなものだったようです。


キャッチボールしても距離感わからず
ボールが当たってしまう、とか
バットにボールが当たらないとか。


昨日の練習試合は
「みんなに迷惑かけられない」といって
泣き出してしまったので
お休みさせましたが


休むからにはタブレットも禁止
ひたすら寝てなさい!といって
夕方にはスッキリしてました。


今朝もやっぱり微熱。
もう10日くらい続いてます。
でも、病院で血液検査しても異常なかったし


当面は「体温高いんだ」ということで
生活しないといけないんじゃないの?
いつもと違うと感じるところは
工夫して切り替えていこう!と
声掛けして今日は送り出しました。


医学的に問題ないとなると
もしかしたら精神的な要因とか
自律神経の問題とか
別のところにあるかもしれないんですよね。


親としては、引き続き見守るしかないなと
思ってはいますが、
親が不安持ってると子供も引きずってしまうので
プラス思考で切り替えるように伝えています。


気持ち新たに頑張ってくれるといいな、と
思います。



 
 タグ

情緒学級について|小学校と中学校の違い

小6の発達障害のお子さんがいるご家庭では
中学からの進路に迷う時期ですよね。


小学校で情緒学級に在籍している人、
中学校から情緒学級に変更しようかと
思っている人、考え方はそれぞれですが
いろんな方の話を聞いてみて


現時点での私が感じていることを
お話ししようと思います。


情緒学級のカリキュラムや
位置づけについては
お住まいの地域で違いがあると思います。


あくまでも私が住んでいる地域で
情緒学級に通っている人の
保護者の方たちの話を聞いて
思ったことです。


中学の情緒学級は、
小学校の延長と思っていると
ちょっと大変なことになるかもしれません。


義務教育は中学でおしまいなので
特別支援も中学で終わりです。


最近、高校で通級教室を
作ろうかとか、そういう話も
でてきてるみたいですけど
すぐにどうのとはならないと思います。


なので、中学の先生たちは
情緒の特別支援学級に在籍していても
できるだけ交流学級で授業を受けるように
ゆくゆくは交流1本で行けるように
促していく傾向があるように
思います。


それは、情緒学級の子たちの
行き先が、普通の高校しか
ないからです。


特別支援学校の高等部は
基本的に知的障害がある子に
門戸を開いているので
療育手帳などを
持っていなければならないなどの
条件があるようです。


情緒学級で少人数で
手厚く指導されていた子どもたちが
いきなり大人数の環境で
普通の高校生として
やっていけるかというと
やっぱりいきなりは
無理ですよね〜


だから、中学3年間の間に
必死で通常学級にもどそうとするのも
わからなくはないです。


ですけど、通常学級に行けない
理由がある子たちなのです。


なので、保護者と学校の
意見の食い違いがあるなぁと
感じています。


なぜかよくわからないけど
苦手は沢山あるのに
成績は上げて欲しいと
要望する保護者が多いですね。


学校の先生はそれほど
成績アップを重視しているわけじゃ
ないみたい。


LDなので授業についていけないので
情緒に・・・というのは無理みたい。


わが家もトモが板書苦手で
書くのが苦手だったので
ずーっと思ってましたけど
「そこは先生たちは関知してないんだな」
ということがやっとわかってきました。


情緒学級での課題の量は減らしませんし
取りだし学習もしないですしね。


情緒学級とあるように
情緒面に不安がある子
コミュニケーションが苦手な子
少ない人数でスタートしたい子
そういう子が情緒学級なのかな、と
思います。


とはいえ、思春期真っただ中の
中学情緒は、やんちゃな子が多い
というのもあるあるみたいです。


なので、おとなしめの子は
早めに中学に見学に行って
様子を聞いてみた方がいいかも
しれません。


場合によっては、うちみたいに
通常でいける子もいますので。


高校は学校それぞれに自由と言うか
特色がいろいろとあります。
中学の間に、地域の高校を見て回って
わが子にあった学校探しは
すごく大事だと思います。


早い時期になんとなく
目標(行きたい学校)が決まったら
中学校での生活も変わってくると
思うんですよね。


なので、中学で情緒を考えている人は
中学高校とちょっと先のことを考えて
決めた方がいいのかな、って
最近思ったりしています。


数年前前までは
「情緒学級がいいんじゃないの?」と
おすすめしたり、学級を作ってもらったり
していたんですけど


箱ができても専門の先生が
足りないみたい。
しばらくはこのアンバランスな状態が
続くのかなぁ・・・


 
 タグ

不定愁訴を訴えるとき、学校を休ませるかどうかの判断に悩む

10日前くらいから、
長男のトモが体調イマイチ。


お腹がゆるいのは
今始まったことじゃないけど
低体温のトモが
微熱が1週間以上も続いているのが
気になります。


ついでをいうと
健太も先週くらいから
体調不良を訴えていて
何とかなだめながら
学校に行かせている状態です。


なんとなくだるい、とか
きついとかお腹の調子が・・・とか
頭痛とか


よくわからないけど万全じゃないのを
不定愁訴(ふていしゅうそ)と言うそうです。


まぁ、わが家は毎日のように
不定愁訴を訴えてくるのですが


学校を休ませた方がいいのか
休ませない方がいいのか


判断に迷います。


トモの場合は、1日寝たら
治ることが多く
スパッと休ませることが
多いのですが


健太の場合
「兄ちゃんがうらやましい」
という感情が
ビミョーに入るときがあって


健太の場合は
本当に体調が悪い時のみ
休ませています。


でも、健太の様子も
大文変わってきました。


3〜4年の頃は
ずる休みモードありありだったのですが
5年生から続けて受け持ってくれている
担任の先生が好きすぎて
楽しく学校に行けるように
なってきたんです。


きつくても頑張っていけるように
なってきたので


不定愁訴を訴えたときは
本気モードだろうなと思ってます。


でもいまだに
「具合悪かったら保健室行って」
とワンクッション置いてます。


健太の場合は
不登校になるんじゃないかって
不安が以前にあったので
なかなか判断できないところ。


ちょっと可愛そうな気もしますが
どうしてもだめだったら
夕方に病院に行って
薬もらってこようと思います。

修学旅行、期末テスト、中体連etc.イベントが目白押しの6月

今月は、トモにとってはハードすぎる1ヵ月
なのではないでしょうか?


今月初めは修学旅行。
2泊3日の旅行を終えて、
翌日からは部活の練習試合。


炎天下だったり、どしゃぶりだったりで
トモだけでなく、他の子も
かなりきつそうでした。


選挙の都合で、中体連が前倒しになり
試験の翌日から公式戦が始まるので
試験休み中も練習したりして
なんだかバタバタです。


1学期に修学旅行を持ってくるということは
2学期から勉強に専念するということだとは
思いますが、それにしてもハードすぎるなぁと
思いました。


いつもなら、土日に帰ってきたりするので
代休があったりして休養日があるのですが、
今回はきっちり金曜日に帰ってきたので
代休もなく、元気有り余っていると言えども
かなりきついですよね。


トモは疲れがとれていないのか
先週から胃腸炎で、結果2日も学校を
休みました。


下痢がとまらなくて。
しかも微熱も続いてて・・・


起きてからの第一声が
「疲れたぁ」
なので、疲労もかなり溜まっているとは
思うんですが


中体連も間近なので
休養も最小限にしたいです。


中3の1学期の期末テストは大事!と
先生たちは言うけれど
これじゃあ勉強どころじゃないですよ。


体力温存。睡眠重視です。


それに今週、九州は大雨で
携帯から警報がピコーンピコーン鳴るんですよね。
だからおちおち寝てられないって。


熊本の友だちのこと思えば
警報くらい我慢しないとねぇと思うけど
ほんと最近は毎日トモの顔色ばかり
うかがってます。


なんだか今週末も大雨っぽいから
公式戦も延期になりそうだけどね。
それならそれで、休養できるから
体調良くなってからがんばってほしいわ。


 


 
 タグ

本読まない子だけど、インプットは活字だけじゃない。映画やドラマからでもいいんじゃない?

ウチの子たちは、普段あまり本を読みません。

学校の読書の時間では、
そこそこ本を読んでいるみたいですが
家ではタブレットでゲームしたり、音楽聞いたりです。

読書が数少ない娯楽のひとつだった昔に比べれば
いろいろと選択肢が増えたので
とっつきやすいものに行っちゃうのかな〜

健太と私は、休みの日には一緒に映画を見に行ったり
シーズンごとにドラマを録画して
一緒に観たりしています。

映画もそうですけど、ドラマって
その人の好みがわかると言うか
「へ〜、そういう話が好きなんだね」
という、新しい発見があったりします。

今のクールは
「重版出来」というドラマを見ています。
出版社で働く新人女子の話ですが
1話完結でいい話が多いです。

希望の部署に配属されずユーレイみたいな社員が
仕事のおもしろさに気付く話とか

暗い過去を持つ社長が
いい行いをして運を溜めている話とか

出演している俳優さんが個性的な人が多くて
観はじめたんですけど、意外に面白い。

で、健太はというと
昔はアクションとかボケとか動きのあるところにしか
興味がなかったんですけど
最近は、ストーリーを読んでいるみたい。

社長さんの回なんかは
「人生とは・・・」的なちょっと難しい話だったんですけど
いちばん気に入って何度も観ています。

わが家の子どもたちは、LDということもあり
字を読むのに一生懸命になると
話があたまに入ってこないという特徴があります。

ドラマや映画のような映像から
話を読みとれるんだったら、それでもいいのかなって
最近は思うようになってきました。

どうしても私たちは、インプットは活字からって
思っちゃうんですよね〜

日々の暮らしにプラスになる気付きが得られるなら
本でもドラマでもいいんじゃないかって
最近思えてきました。







 
*****
この記事を読んで参考になりましたら、
ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪ 

にほんブログ村

感想や当ブログに関するご質問などがありましたら、コチラまで↓↓
お問い合わせメール
お問い合わせは、こちらまで
==> 管理人にメールする
我が家でお気に入りの家庭学習

ワオスタディーの感想レビューはこちら

---------------

◆スタディサプリ小学生、トライアルの感想はこちら
◆スタディサプリ中学生はこんな感じ

---------------

◆秀英id予備校自宅学習コースのレビューはコチラ
---------------


◆お問い合わせはコチラへ
  ↓ ↓ ↓
スマイルゼミ
◆子どもたちの勉強風景はコチラ
◆体験レポートはコチラにまとめました
---------------

ji-kuu.jpg
時空先生のドリルプリント

わが家でも愛用していました。
1家族ひと月600円で利用できるのが魅力です♪
時空先生についての記事は
==>コチラ/a>
カテゴリ
おすすめ商品
過去ログ
乳幼児期の子育て体験記はコチラ
記事検索
 
最近のコメント
人気記事
    リンク集
    格安スマホmineo
    Copyright © 発達障害児 トモの日常 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます