家庭学習もIT化が進んでいるようで
我が家もスマイルゼミやってます。

でも「スマイルゼミ、絶対おすすめよっ!」というわけではなく
いいところも悪いところもあります。

スマイルゼミ いいところ・わるいところ


いいところは、いまどきの子どもたちがとっつきやすいように
ゲーム感覚で学習を組み立てているところ。

悪いところは、問題数が少ない。
1単元10問なので「これだけ?」というところもあります。
受験などを考えてる人には足りないと思う。

だけど、勉強する習慣がない子に習慣づけをするとっかかりにはなると思います。


あと、6年生のトモが言ってたけど
「スマイルゼミやってたら、テストと同じ問題がでるんだよねー」
けっこう当たるらしいです。(理科・社会)

あと、親側の不満といえば
間違ったところってどこでつまづいたのか、見えないってこと。

学習障害などがあると、できない原因を追及したくなるんですよね〜
1回目間違って2回目できるってわけじゃないから
なんでできなかったんだ?というところを知りたい。
でも、それが見えない。

そこが一番の不満かな。欲しいのは点数じゃないもん。


お財布にやさしい♪プリント学習『時空先生』


LD児の母としては、「間違いが目に見えるもの」が欲しかったりします。

そーいうときに「時空先生のドリルプリント」はおススメです。

==> 時空先生のドリルプリント

1ヵ月あたり600円くらいなので、他の通信教育よりも格安だし
持っておいても損はないです。

計算ドリルなどは日替わりなので、
パソコンとプリンターさえあれば、毎日問題が印刷できます。

jiku06.jpg

無学年対応なので、前の学年から復習したり、先取り学習したり・・・
そういうところはいいです。

漢字も教科書対応で読み書きのテストができるし

jiku10.jpg

便利なのは苦手な漢字だけを選んでオリジナルの問題が作れること

jiku05.jpg

あ、問題選びと○つけは親のお仕事です。
面倒でなければ、親子のコミュニケーションもとれるので
いいですよん^^

 タグ