発達障害児の進路はのカテゴリ記事一覧

高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。
まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。

インフォメーション

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
発達障害児との暮らしは、試行錯誤の連続です。
いつも笑顔で楽しく暮らす方法を求めて、いろんなことを試したりしています。
同じ悩みで悩んでいるお母さんたちのお役にたてれば幸いです (^o^)/


***スポンサードリンク***

カテゴリ:発達障害児の進路は

発達障害児の進路はのカテゴリ記事一覧。高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。
No Image

2013-07-01 発達障害児の進路は
来年小学校に上がるお子さんをお持ちのお母さんから、通常学級に入れたいけど、どうでしょう?という相談を受けました。こんど、ランチしながらお話を聞かせてもらう予定…

記事を読む

No Image

2011-06-22 発達障害児の進路は
今どき、こんな考え方の小学校があるんだなーとちょっとビックリしました。最近お友達になったママ友さんの話です。2番目のお子さんが通っている通園施設のお友達が来年…

記事を読む

通常学級か、特別支援学級か・・・

来年小学校に上がるお子さんをお持ちのお母さんから、
通常学級に入れたいけど、どうでしょう?という相談を受けました。

こんど、ランチしながらお話を聞かせてもらう予定です。

その子は、現在幼稚園ではなく、通園施設に通っているお子さんとのこと。
きっとボーダーラインのお子さんじゃないかなって思ってます。
今の時期は進路選択で悩む時期ですよね。
同じように悩んでいらっしゃる方もいるかもしれないので、ちょっとまとめてみます。

通園施設から特別支援学級ではなく、
通常学級に入れたいと思っているお子さんというのは
大きな問題もなく優等生のお子さんなんだと思います。


じっくりお話を聞かないとわからないけど、
通常学級に行くのか、特別支援学級に行くのか
どっちの道を選んでも間違いではないと思います。

あとは、
お子さんの性格や発達障害の特徴がクラスに受け入れられるか、
学校や担任の先生の理解が得られるか、
そのあたりが子どもが学校生活を楽しめるかにかかっているような気がします。
基本は子どもメインなので。

一番危険なのは、単なる「憧れ」で通常学級に入れないこと。

無理して入れるのが一番いけないです。
結構、見栄とか世間体でどうやっても普通級に入れたい人、いるんですよねー。

我が家も就学相談うけたときに、パパさんの最後のひと言が目ん玉飛び出そうでした^^;
情緒学級で話を進めていたのに「やっぱり私は普通学級がいいと思うんですよねー」みたいな、最後の最後に話を覆すような発言が飛び出してきて・・・

男の人はそうかもしれないですよねー。
実際の子育ては母親がしているご家庭がほとんどなので、どんなところに困難を抱えているのか、みてないパパさんは多いと思います。
人に危害を加えるとか、かなり激しい性格だったらわかりやすいですけど、おとなしめのお子さんだったら、「行けるんじゃない?」って思っちゃう。
願わくば普通に行かせたいと思うのは、いままで悩んできた親にとっては目標達成!的な感覚になるのかもしれない。

でもね、行くのは親じゃないんで。
肝心の子どもはどうなんだろうってところが一番大事ですよねー。

無理しすぎて不登校になっちゃった子も実際にいるし、こればかりは入れてみないとわかんないです。

我が家は多分、成功パターンになるかと思います。
でも、順風満帆ってわけではなかったです。
どっちかというと、心配ばっかりして、懇談会には最後まで残って先生と面談みたいなくらいにお話しして・・・と続けてきました。
やっと、懇談会おわってスッと帰れるようになったなーと思ったのは5年生くらいから。それまでは、本当に大変でした。

トモが来年中学校に行きますが、今回は就学相談は受けません。
でも、きちんと中学校に繋ぐ作業をしなければ・・・と思っています。
おとなしい子っていうのは、学校側も「治った」「配慮いらない」と思われているんじゃないかと思って、「一目おいてくださいね」とお願いしに行こうと思ってます。そんな感じで、常に1年先、2年先のことを考えて暮らしています。


特別支援学級に行かずに通常学級を選択した場合、いちばんキツかったのは、悩みを相談できる相手がいないことかなー。

「こんなことで、悩んでいるんだよね」と言っても
「あら、うちも一緒よ」と返されます。
でも、似ている状況でも、深刻度は全然違いますから・・・

「漢字書けないんだよね」ってのも”学習障害”と”勉強してない”がイコールになっちゃいますからね。心配事を話してもかみ合わないし、なにより周りのお母さんって、子どものことそんなに見てないんだってことに愕然としました^^;
普通のお母さんって、子どもが小学校にはいったら基本的に放任なんですね^^;

そういう環境で、自分が耐えられるかが一番重要かもしれない。
早いとこ親の会とか、カウンセリングとか先生を探して、困ったことをすぐに探せる体制を作っておかないと、自分が参ってしまうかも。

あと、クラスメイトとトラブルになったときに、冷静に対処できるかどうか、ですよねー。担任の先生によっては、通園施設に行っていたというだけで先入観がある人、まだいるみたい。先生との相性も大切ですよね。

う〜ん・・・そんな感じの話をランチ会ではしようかと思ってます。
最終的な選択権は親御さんにあるので・・・
「大丈夫だよ」「問題なしです」とは言えないですよ。もしそのお母さんが、私に太鼓判おしてもらいたいなら、ちょっと無理。

あとは、行く予定の学校とお話してもらってからかなぁ・・・
 タグ

グレーゾーンの子どもの進路は?

今どき、こんな考え方の小学校があるんだなーと
ちょっとビックリしました。

最近お友達になったママ友さんの話です。

2番目のお子さんが通っている通園施設のお友達が
来年小学校に入学するということで、
受け入れ先の小学校を探しています。

その子は、知的障害もなくグレーゾーンのお子さんとのこと。

特別支援学級を持っている小学校に打診したところ
「知的障害もなく、席に座って話を聞けるなら
通常学級で大丈夫と思いますよ」
と言われたそうです。

そこで、通常学級に入学できるのなら
上の子と同じ小学校に・・・と思って
校区の小学校に問い合わせたところ

通園施設や療育センターで訓練を受けている子は
ウチの小学校では受け入れられません

と言われたんだそうです。


学校ごとにカラーが違うのかな
とも思ったんですけど、実はこの小学校
現在トモが通っている小学校のお隣の小学校なんですねー。

トモの幼稚園時代、会社の社宅に住んでいたので
そのまま住み続けていれば、
そこの小学校に入学するはずだったんですけど

幼稚園のお友達 とか
特別支援学級のこと とかあって
我が家は今の場所(隣の校区)に引っ越してきました。

正解だったと思います。
トモも伸び伸びしていますし。

ちなみに、トモの通っている小学校の先生は
ボーダーラインのお子さんのこと、
「通常学級にいらっしゃい」だったそうです。

校長先生が変わっても、
小学校自体のカラーは変わんないのかな・・・

隣同士の小学校なので、
兄弟別々の小学校に入ると
運動会とか行事が重なったりして
親は大変なんですよね・・・

だけど、やんわり否定されたとなると
「welcome!」
と言われた小学校を選択した方が
いいのかもしれない・・・

特別支援学級も、手いっぱいで
通常学級の特別支援の必要性が高まってくると思うけど
学校全体が「no!」と言っているところが
今でもあるんだって思うと
ちょっと悲しいです。
 タグ
*****
この記事を読んで参考になりましたら、
ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪ 

にほんブログ村

感想や当ブログに関するご質問などがありましたら、コチラまで↓↓
お問い合わせメール
お問い合わせは、こちらまで
==> 管理人にメールする
我が家でお気に入りの家庭学習

ワオスタディーの感想レビューはこちら

---------------

◆スタディサプリ小学生、トライアルの感想はこちら
◆スタディサプリ中学生はこんな感じ

---------------

◆秀英id予備校自宅学習コースのレビューはコチラ
---------------


◆お問い合わせはコチラへ
  ↓ ↓ ↓
スマイルゼミ
◆子どもたちの勉強風景はコチラ
◆体験レポートはコチラにまとめました
---------------

ji-kuu.jpg
時空先生のドリルプリント

わが家でも愛用していました。
1家族ひと月600円で利用できるのが魅力です♪
時空先生についての記事は
==>コチラ/a>
カテゴリ
おすすめ商品
過去ログ
乳幼児期の子育て体験記はコチラ
記事検索
 
最近のコメント
人気記事
    リンク集
    格安スマホmineo
    Copyright © 発達障害児 トモの日常 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます