気になる行動のカテゴリ記事一覧

高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。
まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。

インフォメーション

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
発達障害児との暮らしは、試行錯誤の連続です。
いつも笑顔で楽しく暮らす方法を求めて、いろんなことを試したりしています。
同じ悩みで悩んでいるお母さんたちのお役にたてれば幸いです (^o^)/


***スポンサードリンク***

カテゴリ:気になる行動

気になる行動のカテゴリ記事一覧。高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。
No Image

2013-05-24 気になる行動
パパさんが単身赴任になって、気が緩んだ?と言われそうだけど「ゲームさせない」「テレビ見せない」派の我が家がかなりフリーな状態になってます^^;特に健太は、ipadの…

記事を読む

No Image

2013-04-05 気になる行動
大阪旅行で気になった健太の言葉。「漢字がいっぱいで読めないよ〜」健太の目にはこの世界がどのように映っているのか最近気になります。大阪に限ったことではなく、街中…

記事を読む

No Image

2012-04-18 気になる行動
昨日、子どもたちの机の周りを整理してたら健太の宿題プリントを発見!あらっ 出し忘れたんだ・・・そう思って、昨日の宿題と一緒に連絡袋に入れておいたら健太が自分で…

記事を読む

何をどうやって関わったらいいのかわからない・・・まずは泳がせて観察

パパさんが単身赴任になって、気が緩んだ?と言われそうだけど
「ゲームさせない」「テレビ見せない」派の我が家が
かなりフリーな状態になってます^^;

特に健太は、ipadのゲームアプリやアニメにハマってます。

パパさんが赴任先から帰ってきたときには
「テレビ見過ぎ」
「ゲームやりすぎ」
などと親子のいさかいが絶えないんだけど

「ほかにやることないのかっ」っていうんですよね〜


そうなんです。
健太には「好きなこと」「楽しいこと」がなかった。
半年前くらいまで、
家の中では仏頂面して口を尖がらせていた健太の顔しか
記憶にないです。

何に対してもやる気なかったし
特にパパさんとトモがやろう!ということになると
あまのじゃくみたいに反対のことしてましたね。

そうこうしているときに、行き渋りがはじまって
「これはいかん!」と診断取りに行ったり、通級の面接受けたり・・・
多少大げさだとは思うんですけど、
そうでもしないと、おとなしい健太には誰も見向きもしないでしょ。

パパさんは、健太に発達障害があるなんて思ってもなかった。
だから、健太に対する風当たりが強かった。
「発達障害」と診断されることで、多少の風当たりが弱まるかな・・・と思って。

でもね〜 「発達障害」という診断名は、インパクト薄いなぁ〜って思いました。
トモのように「自閉症」と言われたら、多少は「ドキン!」とするんでしょうけど
「発達障害、へぇ〜」で終わってしまったのが残念。

じゃあ、どうするのか?というのが、今の私の課題です。

こういうときにすることは、データ集めから。
・・・・そういうわけで、テレビやゲーム、あるていど自由にさせてます。

土日はやはり、1日中暇さえあればやろうとするし、兄弟で取りあいになるので
さすがに私も頭にきます^^;

そういうときは、
・タイマー持たせて、時間を決めればいいんじゃない?
・交代してほしかったら、時間を決めて交渉する
・遊んだ時間だけ、本を読む、外で体を動かしてくる
 ↑ ↑
こんな感じで、解決策を一緒に考えます。

ゲームばかりの生活にならないように、他とのバランスを考えたりすれば
「楽しみのひとつ」って存在だったら、いいと思うんですよね〜

ただ、まだバランスがあんまりよくない。
こっちが一方的にいってもよくないので、今はまだ試行錯誤中。
そのうちに、自分でコントロールができるところまでには
もう少し時間がかかるだろうなぁ


もうひとつ、重視しているのは、
「健太が何に興味を持っているのか」
「健太の今後の課題となりそうな、具体例(データ)」を探しています。

やっぱり観察していると、
「コミュニケーション普通じゃないよね」 とか
「そんなやりとりを友達としたら、相手はいやがるよね」 とか
ちらほら見えてきました。

我が家は定期的にカウンセリングに行っているので
こういうデータは、手土産にちょうどいい。

「こういう心配しているんですよ」よりも断然いいです。
現在はこういう状況で、友達とこんなやり取りしてるみたいです。
と言った方が、アドバイスも具体的にもらえます。

トモは、身体的な不器用さからくる困難が多かったので
見ていてわかりやすかったし、対策も立てやすかった。

でも、健太は不器用さは多少あるけど、生活に困難を感じるほどではない。
むしろ、状況の受け止め方とか相手に対する感情の処理とか
精神面、頭の中の部分がちょっと問題あるみたい。

すごく、難しい。

さすがに私も、何をどうやってアプローチしていいんだか
よくわかんない。

でも、普通の人は、この程度の状況だと
見落としたり、気付かなかったりするのかもね。
気付かず、大人になって苦労するパターンかも。

いろいろ勉強して、親の会の先輩ママの話を聞いたりして
やっぱり今の健太の状況は気になるし
大人になって、普通に暮らせる近づけることができたら
何か手が打てるもんなら、今のうちにやっておきたい。
そんな気分です。
 カテゴリ
 タグ

漢字がいっぱいで読めない!?

大阪旅行で気になった健太の言葉。

「漢字がいっぱいで読めないよ〜」

健太の目にはこの世界がどのように映っているのか
最近気になります。

大阪に限ったことではなく、
街中を歩いているときにも同じことをいうんです。

家でプリント学習をさせてるときも
「この漢字は習ってない!」と主張するときがあって

読み方が違う=習ってない

っていう認識なんですよね。


たとえば
み=見る という漢字は知ってるけれども

けん=見学 は習ってないというような感じ



白黒はっきりしすぎというか、教科書の巻末のまとめとか
漢字ドリルには別の読み方も一緒に載っているのですが
教科書で習った読みしか頭に入ってないんですよね。

インプットの方法にこだわりがあるというのか
まだまだ私も勉強不足なんですけど・・・


「習ってない!」を連発されると
こまるのが日常生活なんです。

だって、世の中漢字だらけでしょう?
街にいってもお店の名前とか商品は漢字ばっかりだし。
バスの行き先も漢字だし。


トモの場合、小さい頃に電車がバスが大好きで
行き先表示の数字や漢字が大好きで

そのおかげで旅行先のバス路線とか、めっぽう強い。


でも、健太はバスにも電車にも興味なかったし
その結果が今になって表れてるのかなーって思います。

小さい頃、バスネタや電車ネタでうんざりした思いがあるのですが
それって、大きくなると役に立つんだな〜って
今頃になって気付きました。

うん。バス好きや電車好きは、将来の生活スキルに役立つよね。


だから、健太が漢字に興味を持てるようにどうしようかと
日々悩んでおります。

我が家にはDSとかWIIとかのゲーム機はないのですが
ipadのアプリを入れてゲームしてます。

で、RPG系のゲームとかコメントを読まないと先に進めない系の
アプリを最近入れるようにしてます。

健太は多分、ゲーム好きなタイプだと思う。
そういうアプリは、さっさと使い方をマスターして
勝手に遊んでいるので。

あと、モンスターを育てる系とか
解説をじっくりよまないとうまくいかないよ〜みたいなものも
入れてみました。

・・・そういうのは、しっかり読んでいるみたいなんですよね。


健太もトモと同じようにLD(学習障害)があって
漢字を書くのがとにかく苦手。

だから、漢字に対するコンプレックスがあるのかも。

書くのはともかく、読む練習なんて
本を読んだり、ニュースを見たりしているうちに
自然と身につく部分なんですよね。

私は本を読むのが好きだったから、
こういう部分につまづいた経験はないんですが
本人が苦痛にならずに身につく方法はないかな・・・って
日々考え中です。
 カテゴリ
 タグ

出し忘れた宿題プリント

昨日、子どもたちの机の周りを整理してたら
健太の宿題プリントを発見!

あらっ 出し忘れたんだ・・・

そう思って、昨日の宿題と一緒に連絡袋に入れておいたら
健太が自分でこっそりと、一昨日の宿題を出して
別のところに隠してました。

「いいの、いいの。今日は出さなくて。
今度出すから。」

「今度っていつよ?」

「プリント返してもらうとき」

えっ プリント返ってくるときには未提出ってわかっちゃうじゃん!

トモだったら、ヘラヘラ〜っと出しちゃうかもね。
いつものことだから。

だけど、健太は失敗(=出し損ねたということ)に対し
訂正(=遅れて出すということ)するということが
どうやら自分のなかで許せないらしい。

失敗を認めないということは、トモの小さい頃ありました。
だけど、”提出しない”というくらいの
キョーレツな反発は、なかったなぁ〜

先生から怒られるのが嫌なのか
後から提出するという行為が嫌なのか

宿題を出した/出していないのチェックを
担任の先生がしているとすれば
提出していないことはバレるのに

失敗は誰でもあるし、恥ずかしくないことだけど
やり直しまでの間隔が開いてしまうほど
問題は大きくなるよね。

ちょっとしたことだけど
最近の健太の行動には、気になる個所がいろいろでてきました。

健太は、トモのように
素直に動かないんだね〜
トモよりもこっち(健太)のほうが、なんだか手がかかりそう。

今まで私がトモに対してやってきたアプローチとは
別のアプローチ方法が必要みたいです。
 カテゴリ
 タグ
*****
この記事を読んで参考になりましたら、
ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪ 

にほんブログ村

感想や当ブログに関するご質問などがありましたら、コチラまで↓↓
お問い合わせメール
お問い合わせは、こちらまで
==> 管理人にメールする
我が家でお気に入りの家庭学習

ワオスタディーの感想レビューはこちら

---------------

◆スタディサプリ小学生、トライアルの感想はこちら
◆スタディサプリ中学生はこんな感じ

---------------

◆秀英id予備校自宅学習コースのレビューはコチラ
---------------


◆お問い合わせはコチラへ
  ↓ ↓ ↓
スマイルゼミ
◆子どもたちの勉強風景はコチラ
◆体験レポートはコチラにまとめました
---------------

ji-kuu.jpg
時空先生のドリルプリント

わが家でも愛用していました。
1家族ひと月600円で利用できるのが魅力です♪
時空先生についての記事は
==>コチラ/a>
カテゴリ
おすすめ商品
過去ログ
乳幼児期の子育て体験記はコチラ
記事検索
 
最近のコメント
人気記事
    リンク集
    格安スマホmineo
    Copyright © 発達障害児 トモの日常 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます