あと4ヶ月くらいで、中3生は入試に突入です。

トモは単位制の高校を目指しています。
もし、1次試験で合格できれば、教科試験は免除。
作文&面接だけなので、作文を頑張っているところ。

トモといえば、「マス目に字が入らない」LD児です。

小学校のころ、相当苦労しましたし、
中学に入って間隔の狭い答案用紙にも苦戦しています。

でもですね。
「LDだから作文が書けない」というワケではないってこと
最近気が付きました。

毎回、通級教室で作文を書かせられているのですが
原稿用紙は、400字もないと思います。
決められた範囲内で、お題に沿った内容を書くってのは
けっこう難しいと思うんですけど
トモの場合、サラサラっと書いてしまうそうです。

しかも、私も後で見せてもらうんですけど
ほろっと来る内容というか、グッとくる内容のときが
多いです。

去年の作文なんて、支離滅裂な内容だったんですけど
最近の作文は、本人にも受験のスイッチが入っているのか
本番さながら、本気で書いているのがわかります。


こうしたトモの変化は、1学期の半ばごろから。
なんだかしっかりしてきたな、とは感じてました。

夏休みに行ったカウンセリングの先生も
「会話がきちんと成立していて、自分の思いも
しっかり伝えられている。成長しましたね」
と、びっくりされていました。

どうやったら変われるのか?と気かれると
何だろう?って思ってしまうのですが

日ごろの会話を
バカバカしいと思いながらも
しっかりと返してあげることかなって思います。

時事ネタとか芸能ネタとか
ワイドショーとかネットニュースを見て
トモはいろいろ言ってくるんですね。

パパさんは、「アホくさ」と
すぐどこかに行ってしまうのですが
私は世の中の動きとか考え方とか
役に立ちそうなことを絡めながら
返してました。

発達障害児は自分を客観的に見れないというか
できるできないの見積もりが苦手です。

でもトモを見ている限り
自閉症だからできない
発達障害だからできない
そう思って諦めてきたことも
諦めなくてもいいのかなって
思えてきました。

五教科勝負となると、まだ不安があるので
1次試験で決めてもらいたいなと思います。
 カテゴリ
 タグ