我が家の本棚のカテゴリ記事一覧

高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。
まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。

インフォメーション

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
発達障害児との暮らしは、試行錯誤の連続です。
いつも笑顔で楽しく暮らす方法を求めて、いろんなことを試したりしています。
同じ悩みで悩んでいるお母さんたちのお役にたてれば幸いです (^o^)/


***スポンサードリンク***

カテゴリ:我が家の本棚

我が家の本棚のカテゴリ記事一覧。高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。
No Image

2014-09-05 我が家の本棚
思わずタイトルに惹かれて買ってしまいました!!==> 「はずれ先生」にあたったとき読む本(amazon)目次を見ると「あぁ、こういう先生、いるいる」と思いました。た…

記事を読む

No Image

2014-06-11 我が家の本棚
久しぶりに本の紹介です。トモが中学生になり、LD(学習障害)の中でもディスレクシアと呼ばれる読書き障害があるなぁと思っている私です。中学校になると「勉強しっか…

記事を読む

No Image

2013-12-23 我が家の本棚
わが家のトモも12歳。思春期突入・・・してるのかな?周りの子は「親とも口きかない」とか「ツンツンしてる」とか言ってるけどトモは相変わらず、ベタベタ甘えてきます…

記事を読む

No Image

2013-12-20 我が家の本棚
『親ががんばらない方が子どもは伸びる』(著:親野智可等)という本を読みました。親ががんばらないほうが子どもは伸びる!―子育てでいちばん大事なこと(amazon)昨日…

記事を読む

読書感想文がスラスラ書ける本【本の紹介】

2013-07-31 我が家の本棚
夏休みと言えば、読書感想文!毎年苦労するので、今年は本を買ってみました。読書感想文がスラスラ書ける本 小学5・6年生読書感想文がスラスラ書ける本 小学3・4年生親も…

記事を読む

No Image

2013-06-18 我が家の本棚
私自身がパソコンとかいじるのが好きなのもあって子供たちの学習にパソコンなどを活用できないかと日々試行錯誤しています。その中で見つけた↓この本、すごく興味深いで…

記事を読む

No Image

2013-04-20 我が家の本棚
『アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか〜大人の発達障害を考える』アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? (amazon)アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? (楽天ブッ…

記事を読む

No Image

2012-09-25 我が家の本棚
図書館で不登校に関する本を見つけたので読んでみました。コーチングで変わる親が知らない不登校―不登校専門カウンセラーが教えるposted with カエレバ伊澤 善史,山口 …

記事を読む

No Image

2012-08-26 我が家の本棚
久しぶりに自分の行動を見直すきっかけとなる本を見つけました。>>怒ってばかりの子育てが変わるコーチング子供を目の前にすると、ついつい怒鳴ってしまういったん怒り…

記事を読む

No Image

2012-04-19 我が家の本棚
発達障害に関する本って、続々出てますよね。そして、どの本も見やすくなってるし・・・7年くらい前、私が勉強しはじめたころは難しい本ばっかりだったけどね・・・わが…

記事を読む

はずれ先生にあたったとき読む本【本の紹介】

思わずタイトルに惹かれて買ってしまいました!!



==> 「はずれ先生」にあたったとき読む本(amazon)

目次を見ると「あぁ、こういう先生、いるいる」
と思いました。

たしかに「うちの子の担任の先生はねぇ・・・」と
文句を言っているお母さんたち、いるいる・・・

だけどねぇ。先生も一生懸命なんだと思うんです。

こういう本が出ること自体、わたしにはおどろきですけど
親対先生のコミュニケーションも最近はうまくいってないって
ことなんですかね?

「先生のこういう言動を”ハズレ”と感じちゃうのかぁ〜」
とか
「先生なりにがんばってるんだろうけどなあ〜」
という部分もありました。

えこひいきするとか、聞く耳持たないとかは困りますけど。


先生も私たちと同じ人間ですし
人間は感情に左右されるので、いつも神様のような対応は
難しいと思います。

日々の対応に疑問がでてきて、先生と話をするとき
つい感情的になってしまう人は
この本を読んで気持ちを整理したほうがいいかもしれません。

先生の態度や指導方法に納得いかないときに
こういう発想の転換をしたらどうですか?のようなことが
書いてあります。

先生と話し合うときに”怒り”の感情でぶつかったら
冷静な話し合いになりませんから。


実際のところ
「ちょっとハズレかも」と感じる先生はいるけど
先生なりに一生懸命に頑張っていたら、
私は応援したいなぁと思っています。

1クラス35人とか40人とかまとめるというのは
すごく大変なこと。
自分が先生という立場だったら、とてもじゃないけど
できませんっ

この本に出てくる先生は、すべてが悪い先生ではないんじゃないの?
というのが素直な感想です。

ただ、この本の中に、
「発達障害児への対応を間違っている」
というタイトルのページがあるんですけど
ちょっともの足りない内容でした。
他の項目よりは多めのページを使って書かれてましたけど
発達障害児への対応だけで、普通は1冊書けますもんね。

==> 「はずれ先生」にあたったとき読む本(amazon)








 カテゴリ
 タグ

中学生からの勉強のやり方【本の紹介】

久しぶりに本の紹介です。

トモが中学生になり、LD(学習障害)の中でも
ディスレクシアと呼ばれる読書き障害があるなぁと
思っている私です。

中学校になると「勉強しっかりやりなさい」と
ハッパをかけられるんですが

何を?
どうやって?

という部分は
「自分で考え、工夫しなさい」
ということになっているみたいです。

そうやって子供たちに自分から学習する習慣づけを
させることが”定期テストのねらい”かもしれないんですけど
発達障害児やLD児にとっては
大海原にぽつんと取り残されたようで
途方に暮れてしまうんじゃないかなぁ・・・そういう風に私は思ってます。

学習の仕方や手順についても、ひとつひとつ確認しながら
作業を進めていくことを教える必要があるんじゃないの?と思って
本屋さんで見つけたのが↓この本です。



中学生からの勉強のやり方

この本は、子供に向けて書かれています。
どうして勉強しないといけないのか?
勉強が楽しくなるやり方 など

特に、予習が大事だということをこの本は言っていて
教科ごとに予習のやり方、考え方がわかりやすく書かれています。

子供たち本人にも読ませたいのはもちろんですが
その前に親が読むといいかもしれません。

トモは本を読むのが苦手なので
この本を読んだからと言って実践につながるか・・・というのは疑問です。

私もざっと読んで、使えそうなところから
小出しで使っていこうと思ったりしています。

我が家の場合、トモに予習の習慣をつけさせようと思っているところなので
タイムリーな本でした。

お堅い本じゃなくて、読みやすいですよ♪
==> 中学生からの勉強のやり方

 カテゴリ
 タグ

思春期のアスペルガー症候群【本の紹介】

わが家のトモも12歳。
思春期突入・・・してるのかな?

周りの子は
「親とも口きかない」とか
「ツンツンしてる」とか言ってるけど
トモは相変わらず、ベタベタ甘えてきます。

だけど、思春期のこと、知っておいた方がいいかもと思って
こういう本を読んでみました。



思春期のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版)

思春期は、体の成長とともに「自分」に目覚めてくる時期と言われますよね。

他の子との”違い”を自覚し始める時期かもしれません。
トモも劣等感を感じて、ネガティブな感情が芽生えてくるかもしれないし
今までのように「お気楽モード」では進めない時期がくるかもしれません。

今から心配しても始まらないのですが
将来起こるであろうことを予習?するにはいいかも、
と思って手に取ってみました。

・友達との付き合い方
・恋愛のこと
・自分についての悩み
などがわかりやすく書かれていました。

また、家族や周囲の人たちの対処の仕方なども描かれていて
これが正解というわけではないけど、ひとつの方法と言う感じで
さらっと読めました。

以前は「こうなるかも」「ああなるかも」と心配ばかりしていた私ですが
最近では「とりあえずやってみよう!」という感じで気楽に構えています。

だけど、思春期はやっぱり心配。
情報だけは、仕入れておこうと思います。

==> 思春期のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版)
 カテゴリ
 タグ

親ががんばらないほうが子どもは伸びる【本の紹介】

『親ががんばらない方が子どもは伸びる』(著:親野智可等)
という本を読みました。



親ががんばらないほうが子どもは伸びる!―子育てでいちばん大事なこと(amazon)

昨日、小学校で個人面談がありました。
トモは、勉強面とか課題はまだまだあるものの、精神的には安定していて
周りの困っている人に手助けをしたり、クラスのめあてを毎日考えたり
いろいろとがんばっているらしいです。

授業中の発言もきちんと周りの意見を聞いたうえで
「こうしたらいいんじゃないか」という意見を言えるので
クラスでも一目置かれているんですよ〜と言う話でした。

家ではダラダラというかふわふわ漂流物のように生きているので
そんな人の話を聞いて・・・なんて想像できないんですが
家庭での安心感とか満足感がトモの精神を安定させ、いい状態になっているんじゃないかと
言われました。

家ではあんまり大したことしてないんだけど。
小さい頃は不器用だったから、せっせと療育センターに通って訓練受けさせたり
道具の工夫をしたりしていたんだけど
最近ではサボりがちです。

じゃあ、どうしてトモがこんなにも長い期間、精神的に安定できているのかってこと
私にも説明できなかったんですが

この本を読んで「そうなんだ〜」と納得。
そして無意識にもこの本に書いてあるようなことを自分が実践していたことに
今気がつきました。

発達障害児って普段でも大変なんです。
特に小さい頃に多動などがあると、目の前のひとつひとつのトラブルを消すのに忙しくて、即効性のある対策を求めがちなんですが、発達障害があろうとなかろうと、子育ての基本は一緒なんですね。

トモは不器用で自信がなくて、不安が強い子だったから
とにかく自信を持たせようと努力してました。
7年くらいたった今、今までの努力がいい結果をもたらしてくれていることに
気がつきました。

気になる方は読んでみてください
==> 親ががんばらないほうが子どもは伸びる!―子育てでいちばん大事なこと(amazon)
 カテゴリ
 タグ

読書感想文がスラスラ書ける本【本の紹介】

夏休みと言えば、読書感想文

毎年苦労するので、今年は本を買ってみました。
2013_0731_043203AA.jpg

読書感想文がスラスラ書ける本 小学5・6年生

読書感想文がスラスラ書ける本 小学3・4年生


親も子どもにどうやって、書かせたいいのかわかんないもん。
何かヒントがないかなーと思ってね。

付箋で気付いたこととか感想をメモっていくやり方はすごく参考になりました!
あと、付箋の枚数とかも約束事があって
ベタベタはりまくるのも、収拾がつかないんだって

2013_0731_043258AA.jpg

付箋技は作文でも使えそう。

幅が広い付箋とかが使いやすいかもね〜^^

我が家は6年生と3年生なので2冊買ったのですが
結論を言うと

1冊でじゅうぶん(内容一緒だし)

何が違うのかというと、おススメしている本が違います。
あと、感想文実例も違いますが・・・

読書感想文というと、
字がいっぱい書いてある『物語』じゃないといけないかと思ったけど
「○○大図鑑」とか図鑑的なものも
テーマを決めて発展させていけばいいみたいですよー

本の選び方についても目からウロコでした。

読書感想文の書き方に関する本は、こちら>>

 カテゴリ
 タグ

発達障害の子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編【本の紹介】

私自身がパソコンとかいじるのが好きなのもあって
子供たちの学習にパソコンなどを活用できないかと
日々試行錯誤しています。

その中で見つけた↓この本、すごく興味深いです。


発達障害の子を育てる本 ケータイ・パソコン活用編 (健康ライブラリーイラスト版)

自分が「こういうのは使えるの?」と試してきたことが
いっぱい紹介されています。

我が家の子供たちは読み書きや記憶が苦手です。
夏休みの読書感想文なんかは、すごく大変です。
読んで自分の思いを原稿用紙に書かないといけないからです。

読むだけでも大変だから、話の内容なんか全然記憶に残ってないです。
→自分で読むんじゃなくて、誰かに読んでもらったら?

原稿用紙にはみ出さないように自分の思いを書いていくってとても大変。
→自分がしゃべる原稿をだれかに書き取ってもらったら?

そんな風にちょっとしたことを工夫していくことによって
子供たちも「できた」という自信に繋がっていくんじゃないかと思います。


同じ著者の方が書いた本↓こちらも読んでみようと思ってます。



タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てる

 カテゴリ
 タグ

アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか【本の紹介】

『アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか〜大人の発達障害を考える』


アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? (amazon)


アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか? (楽天ブックス)



図書館で見つけて、思わず借りてきてしまいました。


まだ最後まで読んでいないのですが、
冒頭の第一章「アスペルガーの人たちはどんな人たちなのか」
を読んで、なんか考えちゃうところありました。

会社に入って上司や仲間とうまくいかず、無断欠勤が続いて
受診したらこうなった・・・みたいな例が書いてあるのですが

この人たちの子ども時代がすごく似ているんです。


成績はそこそこいいけど、手先が不器用で運動苦手。
漢字が苦手。

仲のいい友達が作れないでひとりでいることがおおい


う〜ん・・・うちの子たち大丈夫かなぁ?


現在、大きなトラブルを抱えてないから思うのかもしれないけど
”今”よりも”将来”どうなるのかが心配。
学生時代は、親や学校に守られているってところがありますよね。

でも、社会にでたら誰も守ってくれない。
守ってくれる仲間や上司がいれば幸せだけど
そうはうまくいかないだろうと思うと、

じゃあ、今のうちにできることは何?って思っちゃう


この本は大人の発達障害者が身近にいる人向けに書いた本ですが
先のことを知って今できることを考えるヒントになりそう。

出会ってもない将来のことを心配しすぎるのもいけないけど
「こんな経験」や「あんな経験」
余裕がある”今”だからこそできることもあるんじゃないかな。

【amazonで探す】アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか?


【楽天ブックスで探す】アスペルガーの人はなぜ生きづらいのか

 カテゴリ
 タグ

コーチングで変わる親が知らない不登校

図書館で不登校に関する本を見つけたので
読んでみました。



学校へ行きたくないきざしがみられたら
親の一方的な判断で行動するよりも
専門機関をたずねた方がいいとのこと。

不登校の原因のひとつに「発達障害」が含まれている場合も
すごく多いそうです。
発達障害が原因の不登校と
それ以外の不登校では、対処方法が全く違うと書いてありました。

我が家の場合、家族に発達障害児がいたので
不登校の専門家よりも先に、療育センターに行きました。
私の場合、手ががりがあったので行動できたけど
まったく初めての人は、相談に行く決心がつくまで
そうとう時間がかかると思います。

時間がたてばたつほど、本人の状態も、親子関係も
悪くなりそうで「どのタイミングで行くか」というのは
すごく難しいですよね。

先日、お子さんが不登校だったママ友さんと一緒に
お茶を飲む機会があって、時間を忘れて話し込んでしまいました。
お互い、誰にも言えない悩みが山積みだったんです。
思い切りお話したら、心が軽くなった気がしました。

ママ友さんのお子さんは、小学3年生ごろから不登校を
繰り返すようになり、中学校はほとんど学校に行けなかったそうです。
今、高校生で自由な校風の学校のせいか
毎日楽しく通っているんだとか。
将来は、自分と同じ不登校児のサポートの仕事をしたいと
一生懸命勉強しているそうです。

学校へ行けない期間はながかったけど
そのおかげで自分を見つめなおして
自分の進むべき道を見つけることができたみたい。
ママ友さんも、お子さんが学校にいけないことですごく悩んだけど
子どもが大人になるまでの道はひとつじゃないんだ
ということを言われてました。

「学校行きたくない〜」と健太は言ってるけど
「学校行きなさい!」と無理強いするのはよくないよっ って言われました。
それよりも「”今日もがんばったね〜”と褒めてあげてね」と言われました。
今の時期、あんまり神経質にならない方がいいのかも。

しばらく様子をみてみよう・・・
 カテゴリ
 タグ

怒ってばかりの子育てが変わるコーチング【本の紹介】

久しぶりに自分の行動を見直すきっかけとなる本を見つけました。

>>怒ってばかりの子育てが変わるコーチング


  • 子供を目の前にすると、ついつい怒鳴ってしまう

  • いったん怒りのスイッチが入ると、自分で自分を止められなくなる



そんな経験ありませんか?

発達障害児と暮らしているママ友さんたちとは、この手の話はよく話題になります。
いろいろと面倒なことがしょっちゅう起こるので、本当に大変なんですよね…

できるだけ怒らないように、おっとりと子育てしよう!
そうは思っても、優しい気持ちになれない時もありますよね。

この本では「怒ってばかりの子育てが変わる」と書いてあるように、
子供に対する接し方や事実と感情の整理の仕方などが詳しく書かれています。
なるほど・・・と思うこともたくさんありました。

まずはイライラの原因。
それって、本当に目の前にいる子供が原因?

そうなんですよね?
本当の原因は、目の前の子供じゃないかもしれないってこと、
子供がやったことは単なる引き金で、本当の怒りの原因は別にあるのかも。

本の中では「心の地雷」という表現をしていますが、
心の地雷の対処法なども載っています。

コーチングって名前だけはしっていたんだけど、
具体的にはどんなものかしりませんでした。
コーチングについてもう少し勉強したい気持ちになりました。

>>怒ってばかりの子育てが変わるコーチング(amazon)




 カテゴリ
 タグ

発達障害を持つ子どもの心ガイドブック



発達障害に関する本って、続々出てますよね。
そして、どの本も見やすくなってるし・・・
7年くらい前、私が勉強しはじめたころは
難しい本ばっかりだったけどね・・・

わが子の特徴や発達障害についての概要がわかったら
わが子に適した接し方とかほめ方とか、知りたくないですか?

どんなところに気をつけて暮らしたらいいか、とか
どんな工夫をしたらいいか、とか
そういう情報がこの本には詰め込まれています。

私が注目したのは、「ほめ方や叱り方」が書いてあるところ。
◆ほめ方10の基本原則
◆叱り方11の基本原則
ちょっとしたことだけど、きちんと文字にして解説している本って
あまりなかったです。

あー。そうなのか。って内容ですけど
意外に忘れてること多いですよね。

今まで手探りでやってきたけど、最近はこんなに親切&丁寧な本が
あるんだわ。
もっと早く書いて欲しかったな。
【送料無料】発達障害を持つ子どもの心ガイドブック

 カテゴリ
 タグ
*****
この記事を読んで参考になりましたら、
ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪ 

にほんブログ村

感想や当ブログに関するご質問などがありましたら、コチラまで↓↓
お問い合わせメール
お問い合わせは、こちらまで
==> 管理人にメールする
我が家でお気に入りの家庭学習

ワオスタディーの感想レビューはこちら

---------------

◆スタディサプリ小学生、トライアルの感想はこちら
◆スタディサプリ中学生はこんな感じ

---------------

◆秀英id予備校自宅学習コースのレビューはコチラ
---------------


◆お問い合わせはコチラへ
  ↓ ↓ ↓
スマイルゼミ
◆子どもたちの勉強風景はコチラ
◆体験レポートはコチラにまとめました
---------------

ji-kuu.jpg
時空先生のドリルプリント

わが家でも愛用していました。
1家族ひと月600円で利用できるのが魅力です♪
時空先生についての記事は
==>コチラ/a>
カテゴリ
おすすめ商品
過去ログ
乳幼児期の子育て体験記はコチラ
記事検索
 
最近のコメント
人気記事
    リンク集
    格安スマホmineo
    Copyright © 発達障害児 トモの日常 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます