人との関わりのカテゴリ記事一覧

高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。
まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。

インフォメーション

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
発達障害児との暮らしは、試行錯誤の連続です。
いつも笑顔で楽しく暮らす方法を求めて、いろんなことを試したりしています。
同じ悩みで悩んでいるお母さんたちのお役にたてれば幸いです (^o^)/


***スポンサードリンク***

カテゴリ:人との関わり

人との関わりのカテゴリ記事一覧。高機能自閉症のトモ(高1)と広汎性発達障害の健太(中1)。まったく違うタイプの発達障害児との暮らしのなかで、楽しく暮らすヒントなどを紹介したいと思います。
No Image

2016-12-29 人との関わり
この家に引越してきてから健太にも個室ができたこともあって何だろう・・・精神的にも落ち着いたというか健太らしさみたいなものが感じられるようになったかな^^今までは…

記事を読む

No Image

2016-12-03 人との関わり
トモが2歳半で診断されてからずっと私は「あること」の答えを探すためにやってきたような気がします。その「あること」とは発達障害児の心は育つのか?ということです。…

記事を読む

No Image

2016-11-04 人との関わり
我が家には2人の発達障害児がいますが、大人の発達障害もけっこう大変らしい。最近、人の相談にのる機会が増えたんですけど、その中のひとつを紹介しますね。いや〜ひと…

記事を読む

No Image

2016-03-30 人との関わり
春休みなので、健太と映画を観に行きました。映画館のあるショッピングセンターは車で10分くらいの距離にあります。なので、同級生とか知り合いに合う可能性は大ありな…

記事を読む

No Image

2016-01-12 人との関わり
先入観って負のイメージでしょ。その人の人生が先入観で変わってしまうとしたらすごくもったいないことだなぁと思います。もし、あなたの職場に新人さんが配属されること…

記事を読む

No Image

2015-08-08 人との関わり
昨日はトモのカウンセリングでした。いつもカウンセリングの前は、何の話題をするかを決めて行きます。その方がトモもしっかり自分の意見を言えるみたい。今回の話題は、…

記事を読む

No Image

2014-07-18 人との関わり
中体連はまだまだ続きますが、中1にとっては秋に行われる1年生大会のことも気になる頃のようでそろそろレギュラー取りのし烈な戦い?が始まりそうな予感。実力主義でや…

記事を読む

No Image

2014-02-20 人との関わり
トモのスイミング、今月いっぱいで卒業することにしました。今がんばっている「平泳ぎ」が終わったら卒業しようと思っていたのになかなか合格できなくて、卒業式ギリギリ…

記事を読む

No Image

2013-09-17 人との関わり
昨日からトモは喘息の発作がでてまして、スイミングお休みしました。夜のうちに救急に行って、点滴1本打ってもらうかどうか悩んだのですが、ひと晩待って病院に行きまし…

記事を読む

No Image

2013-06-18 人との関わり
トモの体調が悪いせいで、健太も気持ちが揺れているみたいです。週に1回スイミングに通っているんですけどお腹の調子の悪いトモをプールに入れるわけにはいかないので健…

記事を読む

個室ができたんだけどちょっぴり引きこもり状態なのです

この家に引越してきてから
健太にも個室ができたこともあって

何だろう・・・

精神的にも落ち着いたというか
健太らしさみたいなものが
感じられるようになったかな^^

今までは何を考えているのか
内に溜め込んでしまっているタイプだったけど
だいぶん、自分の気持ちを出せるように
なってきた木がします。
(母に対してだけ、だけどね・・・)

パパさんには
「おまえ、まだこんなことしているのかー?」って
言われるって思ってる。

パパさんは、理想が高いっていうか
いつも自分が一番だから
自分の尺度に合わないと
ちょっと人を馬鹿にしたりしちゃうの。

生まれつきの性格ってのは
大人になってからはなかなかね・・・

でも、健太はIQ高いアスペルガーなので
プライドはめっちゃ高いわけ。

でも、頑張ってる分
疲れやすくもあって
リラックスするためには
「へ〜こんなの観るんだ」っていう
番組とかあってね。

そこらへんは、
私も見て見ぬふりをしているんだけど
パパさんは、スルーできないから
突っ込まれるのが嫌なのか

パパさんがいなくなってから
こそーっと部屋から出てきて
テレビ見たりしてるもん。

ちょっぴり「家庭内引きこもり状態」なのです。

でもまぁ、部屋から出たり入ったり
健太なりにオンオフ切り替えているのかなぁって
思うわけ。

楽天家のトモとはまったくタイプが違うから
私もちょっと気を使っちゃう。

中学生になってから
どうなるのか、先が見えないけれど
「つかず離れず」
そういう距離感で接していくのがいいのかなって
思ってます。




 
 カテゴリ
 タグ

発達障害児の心は育つものなのか?

トモが2歳半で診断されてから
ずっと私は「あること」の答えを
探すためにやってきたような気がします。

その「あること」とは
発達障害児の心は育つのか?
ということです。


「自閉症」とか「発達障害」の本を読むと
・空気が読めない
・自己中心的
・人の気持ちがわからない

みたいな感じで、悪いイメージが多いけど
「本当にそうなのかな?」
「心や感情って育たないのかな?」って
ずっと思っていたんです。

なので、トモに接するときには
「こういうときはどうしたらいいのかな?」
など、ひとつずつ確かめながら
話し合いを重ねてきました。

トモもおとなしい子だったし
それ以前にトモの不器用問題を
私がいろいろ工夫して解決してきたので
信頼関係はあったのかな、と思います。

なので、中3になった今でも
学校でこういう問題が起きて
ボクはこういう風に対処したんだよね〜と
自慢げに報告してきます^^

部活引退してから受験モードに
スイッチを切り替えたせいか
報告も話の筋が通っているし
わかりやすくなりました。

びっくりするのは、その内容で
他の子だったら騒ぎ立てて
傷ついちゃう子が出るだろうな
という場面でも

本人傷ついちゃうだろうから
あとで先生にコッソリ報告して
数人だけでコッソリ解決しちゃったり
しています。

それはすごいなーと
思わず感心してしまいました。

他の子だったら
騒ぎ立てて嫌な気持ちになる子が
出たんだろうなという場面で
よくそこまで気を回せたな、という
感じです。

自閉症だからという理由で
あることないこと噂を流されたりして
中学時代はけっこう大変だったんですけど

自閉症だから他の子よりも劣っているとか
ダメダメだということは
これっぽっちも思っていません。

ズルいことばかりして
世渡り上手な子が多い中で、
すごく不器用ではあるけれど
まっすぐに生きてますもん。

ここは大事に育てていきたいなぁと
思っています。


 カテゴリ
 タグ

アスペルガーの対応で家族困惑しているヒカルさんの話

我が家には2人の発達障害児がいますが、大人の発達障害もけっこう大変らしい。

最近、人の相談にのる機会が増えたんですけど、その中のひとつを紹介しますね。
いや〜ひとごとじゃないかな、って思って。

だって、発達障害児が大人になるわけでしょ。
大人になるといろいろと関わる人が増えるわけで、ちょっと私も考えちゃいました。

ママ友のヒカルさんのダンナさん、そうとうモノに対するこだわりが強いみたいで。
収集癖のあるアスペルガーなんですって。
父から息子へモノを譲りたいというこだわりがあるらしいんですが

カビだらけの皮のカバンだとか
長年来ていたスウェット上下とか
背が高くなって体系的に大きくなった息子に「着れ!」と言うんですって!

ヒカルさんの息子さんたちは感覚過敏がある発達障害児で、次男くんなんて嗅覚過敏があるから、兄のお下がりもNGなんですね。

そんなん、父親の汗とニオイがついた(ヒカルさんいわく、着古した感満載だそうです)スウェットって、どう考えてもNGじゃないですか・・・

本人すごく悩んでいて、ダンナさんにやめろとも言えないし、息子に「着てあげて」とも言えないし、困っていました。

私は話を聞くだけなので、思わず笑ってしまったんですが、数年後息子たちが大人になり、結婚して子供ができたときに、他人ごとじゃないなって思ってしまいました。

こういうのって、どう教えたらいいんでしょうね。

最近はユニクロとか、安い分長持ちはしないけど、シーズン単位で着たり、割り切って着れる服がふえてきましたよね。
昔はもっと上質で高いものだったから、長く来たりしてたんでしょうけど、時代の流れとともにサイクルが短いものが好まれてますよね。

要は時代は変わってきたんだよってことだと思います。

でもヒカルさんのご主人は本を読むのも好きだから、昔の著名人の人が愛用したものを息子に譲るとか、息子が父親の服を着ているとかそういうところにあこがれているのかもしれない。

否定するのはかわいそうだけど、やっぱり汗とにおいが染みたスウェットは、私もノーサンキューだなと思ってしまったのでした。
 カテゴリ
 タグ

人の目を気にしすぎ!マイペースでいいじゃない

春休みなので、健太と映画を観に行きました。
映画館のあるショッピングセンターは
車で10分くらいの距離にあります。

なので、同級生とか
知り合いに合う可能性は大ありなんですが・・・

健太は人の目を異常に気にするタイプ。
「あ、あそこに5年生がいる!」
「あ、あそこにも・・・集団が・・・」
みたいな感じで、こそこそ隠れたりするんですね。

だって世の中は春休みだもん。
しかも4月から6年生だし、
そろそろ友だち同士で出掛けたりするだろうしねぇ・・・

キャプテンになってチームの面倒をみたい
テストでいい成績をとりたい
など、人から一目置かれたい願望はあるんです。

でもね、プライベートでぶらぶらしているところを
見られたくないって、なんだろう・・・

素の自分を見られるのが
そんなに恥ずかしいのかなぁ。

発達障害児の中には
異常に人の目を気にする子がいるみたい。

健太だけでなく、他にもそういう話を
聞いたことがあります。
「へ〜 こういうのが好きなんだ」とか
「こういう人なんだね」みたいなことを
知られたくないみたい。

いいところ沢山あるんだからさ、
マイペースでいいんじゃないの?







 
 カテゴリ
 タグ

先入観ってこわいよね。うわさに振り回されてなんだか大変

先入観って負のイメージでしょ。
その人の人生が先入観で変わってしまうとしたら
すごくもったいないことだなぁと思います。

もし、あなたの職場に新人さんが
配属されることになって
「今度入ってくる○○さんは
障害あるんだってよ!」と
うわさが回ってきたら
どういうふうに感じますか?

新人さんがきて
みんなの前で挨拶するときには
みんな新人さんが障害者ってこと
知ってるんですよね。

ノーマルな人と同じように
接することができますか?

人によっては、まず挨拶して
何が苦手なのか得意なのか
観察する人もいるかもしれません。

でも中には興味本位で見て
荒探しをし、うわさを流して
仲間外れにしたり、
ダメージを与えるようなことを
する人がいるかもしれません。

多分、職場も中学も
一緒なんじゃないかと思います。

わが家の場合、いちおう学校には
きちんと伝えているし
小学校からの引き継ぎ資料も
どっさり渡してあると聞いてます。

2つの小学校が1つの中学校に通うので
まったく同じメンバーじゃないので
考えられるだけのことはしたつもりですが

障害に対して興味深々の保護者に対して
何の対策も打てなかったのが
反省点です。

・・・というか、そういう人たちに
どんな対策を打てたんだろうかって
思います。

中には最初はマイナスイメージを持っていても
1年くらい付き合ううちに
・校則は絶対に破らない
・礼儀正しい
・練習まじめ
・宿題ぜったいやってくる
という発達障害の律儀さに気付き
「じつは”頑張りやさん”なんだね!」と
評価をいい方向に覆してくれる人もいます。

でもこれは、ごくごく少数派。

興味深々の保護者の子どもは
障害を理解することはできません。
攻撃対象と思って
攻撃しかけてきます。

思春期というややこしい年頃も
関係しているのかもしれない。
だれかを蹴落として
自分がのし上がりたい年頃ですよね。

トモは不器用ですけど
怪我している人がいたら知らせたり
介抱したりするし
数少ない出場機会でエラーしそうな人がいたら
ささっとカバーに走るし
よく人の動きを見ているし
気がつく子です。

発達障害児は自分勝手で空気が読めないと
良く言われますけど
本当に困っている人に自分の判断で
動ける発達障害児はあまりいないですよ。

それだけで十分だと思ってます。

でも、それだけでは社会は「いいよ」って
言ってくれないのよね。
 カテゴリ
 タグ

うちの子だけ「我慢しろ」というのは、とても難しいことなのです

昨日はトモのカウンセリングでした。

いつもカウンセリングの前は、何の話題をするかを
決めて行きます。

その方がトモもしっかり自分の意見を言えるみたい。

今回の話題は、部活のこと。
コツコツ頑張って、みんなと一緒にやっていけるくらい
技術的には上達したようですが
仲間の方が受け入れ態勢ができていないんですよね。

今までは怪我したり体調悪かったりで
ベンチ入りメンバーに選ばれないことが多かったトモですが
最近のスポーツテストでは、いい記録を出しているんだとか。

今は、3年生も引退して、2年生中心のチームなので
今度はユニフォームがもらえるかどうか、じゃなくて
先発メンバーに入れるかどうか。

眼中になかったトモが急成長したので
みんなは受け入れたくないようで
1学期の終わりごろに暴言いわれたりして
ちょっと辛い時期がありました。

それは今も変わっていません。

最終回の代打で呼ばれて、前の人がアウトで試合終了って
パターンばかり。

形だけ「出場した」といえるのかもしれないけど
全然結果だせてません。
というか、試合に参加させてもらえてません。


トモは本当はピッチャーがしたいんです。
でも、ピッチャーグループが
トモに入ってきてほしくないと思っていること
トモは知っています。

カウンセリングの先生は
ピッチャーグループに入っていじめられるよりは
外野とか他の守備で頑張った方が
いいんじゃないの?とアドバイスしたようです。

みんなにトモの存在が脅威に感じられるくらい成長したことは
発達性協調運動障害を持つトモにとっては
驚くべきことだし、それだけでいいんではないかって
言われたんですけど

せっかく今まで一生懸命頑張ってきたんだし
顧問にも保護者にも活躍できるくらいまで
成長したんだよ、というところは
見せたいな、と思います。
保護者の人も、トモが戦力になるヤツだとは
思ってないので、戦力になるってことを見せたいな。

私もしょっちゅう部活を見に行っているわけではないけど
ちょっとかわいそうな扱いされてるな〜ってときが
あるんです。
やっぱり活躍している子が上で、補欠は下みたいな
上下関係がありありなんですよね。
最初にできちゃった上下関係は、最後まで変わることがないのかしら?
で、下から上がってきた子は潰すみたいな雰囲気があって
対等に会話もできないような・・・

なんてったって、今はまだ中学の部活ですから。
もう今から「我慢する」ってことを
教えなきゃいけないの?というのはあります。
もっと遠慮しないで、やりたいことをやらせてもらえればいいのに。

なんでウチだけ我慢しなければならないんだろ。

発達障害児だから?
小学校では感じたことのない他人の視線が
中学ではすごく気になります。
 カテゴリ
 タグ

発達障害児と処世術|自分が傷つかないために・・・

中体連はまだまだ続きますが、中1にとっては
秋に行われる1年生大会のことも気になる頃のようで

そろそろレギュラー取りのし烈な戦い?が始まりそうな予感。

実力主義でやってくれる分は大歓迎!
でもね、心理作戦とか水面下でこそこそやるのは止めて欲しい。

さっそく「トモは○○のポジションは向いてない、※※にしろと言われたー」
などと言って帰ってきました。

何でもまじめに受け止めるトモは
それが友人からの親切なアドバイスだと思ったようなんです。

でもね、よ〜く考えてみると
○○は、トモが得意なポジション(私もそう思ってる)
※※は、先日もエラー続出でみんなからブーイングもらったポジション

どうかんがえても、違うでしょ。
ポジションがかぶってるわけでもないのに、どーしてトモに揺さぶりをかけるのか
訳がわかりません。

きっと相手はトモが弱い存在、いじられキャラだと思っているんでしょうね。

弱い相手を”精神的に”落として自分がのし上がる。
そんなやり方はどこかで大人がストップをかけてくれると思う。
・・・
かけてくれると思う
・・・

・・・

かけてくれるはず?

・・・

ん?どうかな

・・・

トモの野球部、保護者がコーチしてるので
何事も冷静に、感情に左右されずにジャッジしてもらえるのか
いまいち不安なんです。

こーいうときには、どうしたらいいんでしょうね。

ただでさえ、自律神経わずらってるのに
ここで休んでしまったら、トモの負けになっちゃう。

でも、無理はさせたくないんです。

がんばって、体力的に無理なら仕方ない。
でも、精神的に追い込まれて、追いつめられるのはフェアじゃない。
でも、相手はコチラの弱みを知っている。

トモは対抗できない。

どうしようか。

中学ともなると、あんまり親もでられないなーという感じで
ちっちゃなことで出過ぎると「モンスターペアレント」とか言われますもん。
1度マークされちゃうと、本当にお願いしたいときに効果がないので
今はガマンガマン。

なので、少しずつトモに世渡り術、処世術を伝授して行こうかと思ってます。

でも、難しいですよ。
いままで「こうしたらいいよ。」とOKの対応ばかり教えてきたのに
今度は、自分を守るために
ウソついたり、スルーしたりNGの対応を教えることになる。

本人が混乱しないといいけどねぇ。

でも、普通に育ってる、提携発達と呼ばれている子どもたちは
すでにずるいこともいっぱい知ってる。

温室育ちのトモには、試練続きでかわいそうだけど
いい機会だと思って、教えていくしかないなー
 カテゴリ
 タグ

どっちが大切?友だちとブライド

トモのスイミング、今月いっぱいで卒業することにしました。

今がんばっている「平泳ぎ」が終わったら卒業しようと思っていたのに
なかなか合格できなくて、卒業式ギリギリになってしまいました。
3月は何かと忙しいので、バッチテストが受けられないと思って
1ヵ月早くの卒業です。

こうなると、残された健太をどうしようかと思って。

いっそのこと、友だちと一緒にスクールバスで行ってもらおうと思って
健太の友だちのママにメールをしたんですが・・・

その子は小学校は違うものの、幼稚園時代からの友人。
健太にとっては「心の友」のような存在です。

・・・でも結果は「NO!」だったんですよ。

なぜかというと、健太よりもお友達の方が級が上だったから!
「絶対一緒に行かない」って言ってました 涙

健太よりも1年遅く始めたその子は、最初の半年くらいは馴染めなくて
ママも苦労してたけど、コツコツ頑張っていたんだと思います。

健太は、「お腹痛い」とか「足痛い」とかで
休むことが多く、トモが具合悪いと一緒に休んだりしていたので
そんなかんなでなかなか合格しなかったんです。

今までの積み重ねの課程が違ったんですけど
とにかく健太にとっては結果が一番。

「追いつけるように頑張ろう」とか
「級は違っても一緒にバスで行けるからいいや」とか

まだ3年生って
難しいこと抜きに一緒にいるだけで楽しい
って思えないのかなーって思います。

人の上に立ちたい気持ちは、人一倍あるみたい。

だけど、そのための努力はしたくない。


う〜ん・・・健太の課題はココなんだよね。

これから、ますますキビシクなりそうな予感。



トモの場合は不器用が引き起こす、不便さを解消していけさえすれば
何とかなってきたんだけど

健太の場合は、マインド部分の改善が、一番のターゲットになると思う。
まだ9歳とはいえ、9年間に身につけてしまったマインドって
変えられるんだろうか・・・

似たような感じの大人がわが家にいるので
将来こんな感じに育っちゃうと、生きていくのに苦労するだろうなーって

周りの人がみたら「心配性だよ」って笑っちゃうかもしれないけど

笑えない危機感、ひしひしと感じています。
 カテゴリ
 タグ

「ズルイ」という感情、どこから湧いてくるの?

昨日からトモは喘息の発作がでてまして、スイミングお休みしました。

夜のうちに救急に行って、
点滴1本打ってもらうかどうか悩んだのですが、
ひと晩待って病院に行きました。

トモは嘘がつけないので、
「具合が悪い」と本人が言ったら
かなりきつい状態になってたりします。

だから、自己申告はそのまま受け止めてます。


ですが…


兄ちゃんが体調が悪いといっても、納得いかない健太。
ひとりだけスイミングと知って、ぷーっとふくれてしまいました。
「兄ちゃんズルイ。留守中にipadで遊ぶんやろっ」って。

具合悪いんだから、テレビ見ようがipadで遊ぼうが
別にいいんですけど、それが納得できないらしい。

なので仕方ないので、トモには宿題をしてもらうようにして
出かけました。


今日は、朝起きた時点でトモは病院に行ってから
学校に行くことにしてたのですが

健太も「僕も具合が悪い」と変な咳をしてみせるもんだから
一緒に病院に行ってから学校に送りました。

トモが行った病院は、内科だったので
基本は中学生以上ですと言われ、健太は見てもらえませんでした。

トモが点滴してもらってる間に、いつもの小児科に行き
かなり待ってから受診したんですが、
連休明けですごく多かったし、
これなら朝イチでトモも一緒に小児科に行けば
待ち時間は短かったのになぁ・・・

健太は大したことないから、このまま受診せずに
学校に送ろうかとも思ったけど
それじゃあ、本人は納得しないかもと思って。

健太を先に学校に送り
点滴の終わったトモを学校に送り
午後は通級のため、健太を迎えに行き
今日はなんども学校との間を往復して
くたくたに疲れてしまいました。


なんでだろう・・・

なんか最近、トモが具合悪くなると
健太が邪魔してるような気がしてなりません。

甘えん坊の次男坊なので、
母親の注意関心が長男に向くのが嫌なのかな?

でも発する言葉は
「兄ちゃんがipadばっかりするのは・・・」なので
遊んでばかりでズルイということなのかな。

兄のことを心配する言葉は何ひとつでてこないんだけど
3年生ってこんなもん?
どうして「ズルイ」という感情が湧いてくるのか、私にはわかりません。
健太の頭の中、一度のぞいてみたい
 カテゴリ
 タグ

「兄ちゃんズルイ!」と言わないで

トモの体調が悪いせいで、健太も気持ちが揺れているみたいです。

週に1回スイミングに通っているんですけど
お腹の調子の悪いトモをプールに入れるわけにはいかないので

健太だけ行かせようとすると
「兄ちゃん、サボっとる。ずるい!」
ということになってしまいます。

健太が具合悪くて、お休みする場合だと
「そうなん?仕方ないねー」と納得するトモですが
健太はもともと、サボりたい人なので
「なんで自分だけ行かないといけないの?」という発想に
なるみたいなんです。

3つの年齢差ってこんなにも差が出るもんなのかな。
それとも、ネガティブ思考の健太だからそう考えちゃうのかな。


とにかく、トモは休ませてあげないと
体調不良を引きずってもいいことないので
何とかしたいと思っているのですが
健太の邪魔がちとうっとおしく感じている今日この頃。

トモが元気でいてもらわないと
我が家総崩れになっちゃいます。

早く良くなってね・・

気休めですけど、整腸薬買ってみました
 カテゴリ
 タグ
*****
この記事を読んで参考になりましたら、
ぽちっと応援していただけるとうれしいです♪ 

にほんブログ村

感想や当ブログに関するご質問などがありましたら、コチラまで↓↓
お問い合わせメール
お問い合わせは、こちらまで
==> 管理人にメールする
我が家でお気に入りの家庭学習

ワオスタディーの感想レビューはこちら

---------------

◆スタディサプリ小学生、トライアルの感想はこちら
◆スタディサプリ中学生はこんな感じ

---------------

◆秀英id予備校自宅学習コースのレビューはコチラ
---------------


◆お問い合わせはコチラへ
  ↓ ↓ ↓
スマイルゼミ
◆子どもたちの勉強風景はコチラ
◆体験レポートはコチラにまとめました
---------------

ji-kuu.jpg
時空先生のドリルプリント

わが家でも愛用していました。
1家族ひと月600円で利用できるのが魅力です♪
時空先生についての記事は
==>コチラ/a>
カテゴリ
おすすめ商品
過去ログ
乳幼児期の子育て体験記はコチラ
記事検索
 
最近のコメント
人気記事
    リンク集
    格安スマホmineo
    Copyright © 発達障害児 トモの日常 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます